スポンサーリンク

【初めてのgit&Sourcetree】ローカルリポジトリをリモートリポジトリの最新状態に同期する。【プル】

スポンサーリンク

GitHubなどのホスティングサービス上にあるリモートリポジトリの資産をローカルリポジトリに持ってくるには2つのケースがあります。

1つ目は新規に持ってくるケースで、プロジェクト等に参加して初めてソース資産を持ってくる場合や、オープンソースで公開されている資産をローカルに新たに持ってくる場合などです。
この場合はクローンという機能を使います。こちらについては以下の記事で解説しています。

2つ目は既にリモートリポジトリと連携している資産があって、他の開発者が更新を行っているためバージョンがリモートの方が進んでいる為ローカルを最新化したい場合です。

この記事で紹介する「プル」は2つ目のケースで使用する機能です。

プルを行うとリモートリポジトリにある資産の更新履歴(過去に行ったコミット)も一緒に落としてくることが出来ます。

スポンサーリンク

1.プルを行う手順

1)リモートとローカルの状態を確認。

今回のケースではリモート側で3回のコミットが行われた状態になっています。

①ローカルリポジトリのコミット状態を確認
→1回だけコミットされた状態です。

②リモートリポジトリのコミット履歴を確認
→3回コミットされ、ローカルよりも2つコミットが進んだ状態です。

2)「プル」を実行

①ウインドウのツールボタンにある「プル」をクリックします

②ダイアログで「プル」をクリックします。
オプションは状況に応じて任意に選択します。

③しばらくするとプルが完了します。
コミットの状態がリモートと同じになり同期が取れた状態になりました。

スポンサードサーチ

2.まとめ

リモートリポジトリとローカルリポジトリの同期をとる「プル」の機能と手順を紹介しました。

操作自体は難しくありませんがリモートリポジトリの状態と同期がとられていない状態で更新作業を行うと思わぬトラブルや無駄な時間を費やすことになりますので注意してください。

git記事一覧

【初めてのgit&Sourcetree】初心者でも扱いやすいSourcetreeのインストール方法

【初めてのgit&Sourcetree】ローカルリポジトリの作成と変更をコミットする手順

【初めてのgit&Sourcetree】Sourcetreeで変更管理してみよう【いろんなコミット】

【初めてのgit&Sourcetree】同時に変更作業を行える機能【ブランチ】

【初めてのgit&Sourcetree】ブランチの変更を分岐元に反映させる手順【マージ】

【初めてのgit&Sourcetree】別ブランチで同じ行を変更したら【コンフリクト】

【初めてのgit&Sourcetree】変更管理の対象外にする【.gitignore】

【初めてのgit&Sourcetree】githubを理解してアカウントを作成しよう。

【初めてのgit&Sourcetree】githubにリモートリポジトリを作成する

【初めてのgit&Sourcetree】ローカルリポジトリをリモートリポジトリに反映させる方法。【プッシュ】

【初めてのgit&Sourcetree】ローカルリポジトリをリモートリポジトリの最新状態に同期する。【プル】

【初めてのgit&Sourcetree】リモートリポジトリを使おう。【フォーク】

【初めてのgit&Sourcetree】リモートリポジトリからローカルに新規コピーする。【クローン】

 

Git

Posted by garnet