【Gmail TIPS】諦めないで!Gmailでメール送信をキャンセルする方法

メール送信ボタンを押した直後に「あっ、しまった」と間違いに気づいたことはないでしょうか。

Gmailの場合送信ボタンを押した後に送信を取り消すことが出来ます。

その方法をお伝えしたいと思います。

1.送信キャンセルの方法

設定によりますが、Gmailではメール送信ボタン押下後30秒(初期設定されているキャンセル可能最大時間)までは送信の取消が可能です。

送信ボタンを押すとウインドウ左下に下記が表示されますので「元に戻す」をクリックしてください。

これで送信の取消が行われます。

 

スポンサードサーチ

2.キャンセル可能時間の設定

キャンセルは送信ボタンを押した後設定された時間までしかできません。

このキャンセル可能時間の設定方法は以下となります。

1)まずウインドウ右上にある歯車(設定)をクリックします。

2)「全ての設定を表示」をクリックします。

3)「送信取り消せる時間」から希望の時間を選択します。

選択できる時間は「5秒」「10秒」「20秒」「30秒」となります。

 

4)変更を保存する。

設定を変更した場合は必ず一番下までスクロールして「変更を保存」をクリックしてください

スポンサードサーチ

3.キャンセルできる設定時間を過ぎたら?

送信ボタン押下後キャンセルできる時間を過ぎてしまったらどうでしょうか?

この場合はもうどうすることも出来ません。

実際に相手のメールボックスに入ってしまったメールは取り戻せません。

速やかに謝罪と訂正のメールを送りましょう。

アナログで基本的なことですが送信前のチェックはしっかりと行う事が大事です。

 

 

 

 

Gmail

Posted by garnet