【PowerShell:リファレンス&使用例】New-Itemコマンドレット

2022年8月5日

PowerShellのコマンドレット「New-Item」

説明

新しいアイテムを作成するコマンドレットです。

ItemTypeで指定したタイプのアイテムを新規に作成します。

書式

・構文
New-Item
[-Path] <String[]>
[-ItemType <String>] [-Value <Object>] [-Force] [-Credential <PSCredential>] [-WhatIf] [-Confirm] [<CommonParameters>]

主なパラメータ

-Path 対象コンテンツ(ファイル、ディレクトリ等)へのパスを指定します。
-Name 項目の名前を指定します。
-ItemType アイテムの種類を指定します。
-Value 項目に書き込む値を指定します。
-Force 読み込み専用でも強制的に処理します。また指定されたパスが存在しない場合でもディレクトリを作成してアイテムを作成します。
-Confirm コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

エイリアス

以下のエイリアスが使えます。
短いコマンド入力で済むので覚えておくと便利です。

ni

使用例

使用例①ディレクトリを作成する

c:\tempに「dir01」というディレクトリを作ります。

PS C:\temp> New-Item -path c:\temp -Name dir01 -ItemType "Directory"


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        2022/07/17     16:47                dir01


PS C:\temp>

 

使用例②ファイルを作成する

c:\tempに空のfile01.txtを作成します。

PS C:\temp> New-Item -Path c:\temp -Name file99.txt


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        2022/07/17     17:25              0 file99.txt


PS C:\temp>

 

上記は下記のように省略した書き方でも出来ます。

PS C:\temp> New-Item c:\temp\file99.txt


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        2022/07/17     17:27              0 file99.txt


PS C:\temp>

 

使用例③ファイルを作成しつつ値を書き込む

ディレクトリ「c:\temp」にファイル「file02.txt」を作成して値「this is test data」という値を書き込みます。

PS C:\temp> New-Item -Path c:\temp -Name file02.txt -value "this is test data"


    ディレクトリ: C:\temp


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        2022/07/17     17:29             17 file02.txt

PS C:\temp> Get-Content c:\temp\file02.txt
this is test data
PS C:\temp>

 

PowerShell

Posted by garnet