スポンサーリンク

【EXCEL関数】複数の掛け算をまとめて計算する便利なワザ。(SUMPRODUCT)

2019年7月18日

スポンサーリンク

EXCELで請求書や見積書を作る場合、明細表に単価、数量、金額を掲載し、更に金額の総合計をヘッダ部分に計算して記載します。

この時、ヘッダの金額合計の計算を「SUMPRODUCT関数」を使うとひとつの式で行うことが出来ます。

では使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.SUMPRODUCT関数について

複数行に渡って明細形式で並んでいる値を掛け算して結果の合計を求める関数です。

以下のように数量、単価、掛率が複数行明細になっている場合に一括で合計を計算します。

C列×D列×E列を5行目~10行目まで計算して、その合計を取得するのが「SUMPRODUCT」関数です。

スポンサードサーチ

2.SUMPRODUCT関数の説明

関数名 SUMPRODUCT
形式 「=SUMPRODUCT(範囲1[、範囲2、範囲3、・・・])」
パラメータ 範囲1 掛け算する値が格納されているセル範囲を指定します。省略不可です。
範囲2~ 掛け算する値が格納されているセル範囲を指定します。
必要な分指定します。範囲1と行数が一致しない場合はエラーになります。
説明 引数として指定した配列の対応する要素間の積をまず計算し、さらにその合計を返します。

 

スポンサードサーチ

3.SUMPRODUCT関数の使用例

前述のシートの明細を計算して合計を求めてみます。

「SUMPRODUCT関数」では明細の横の掛け算をまず行います。

その後掛け算の結果を合計して値を返します。

つまりC列の数量×D列の単価×E列の掛率を計算して合計を取得します。

式の記述は下記となります。

「=SUMPRODUCT(C5:C10,D5:D10,E5:E10)」

検算として個別に掛け算して合計して間違いないことを確認してみました。

4.おわりに

「SUMPRODUCT関数」は主に上記のような請求書や見積書を作成する場合に力を発揮してくれる関数と言えます。

他にも活躍できる場合は便利ですので是非ご活用ください。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村