スポンサーリンク

【EXCEL関数】条件に一致した行をカウントする。

2019年7月15日

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1.COUNTIF関数について

表の中において、特定の条件を満たした行を数えたい場合は「COUNTIF」関数を使用します。

例えば、以下のような表があったとします。

上記の表で「メーカー」の列に「TOTOTA」のセルがいくつあるかカウントする場合に「COUNTIF」関数を使用します。

スポンサードサーチ

2.COUNTIF関数の説明

関数名 COUNTIF
形式 「=COUNTIF(範囲,条件)」
パラメータ 範囲 カウントする対象のセルを範囲で指定します。
条件 カウント対象の条件を指定します。
※条件で指定する文字列は255文字以内である必要があります。

255文字を超える場合は文字列結合して指定します。

例)COUNTIF(A2:A10,”=255文字の文字列” &”続きの文字列”)

説明 「範囲」のセルのうち「条件」を満たした数をカウントして値を戻す。

 

スポンサードサーチ

3.COUNTIF関数の使用例

前述のケースに場合は以下のように記述します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村