スポンサーリンク

EXCELで複合グラフを作成する手順

2019年7月15日

スポンサーリンク

EXCELを使っているけどどうもグラフを作るのが苦手。という方は結構多いです。

せっかくこの記事をご覧頂いたのでしたら、ちょっとグラフを作ってみませんか?

初期のEXCELだとちょっと思ったようにいかず挫折した方、最近のEXCELは改良されてきているので思ったより簡単ですよ。

では折れ線グラフと棒グラフを一つのグラフとして作成してみましょう。

 

スポンサーリンク

1.グラフデータ

まずグラフ用データを用意します。
下記の表をEXCELにコピーして使っていただいて大丈夫です。

 

作るグラフに用いるデータですが、月別のエリア毎の売上高が表になっています。

 

これを「エリア1評価」「エリア2評価」「エリア3評価」をグラフで、売上グラフで作成します。

月度 2018年1月 2018年2月 2018年3月 2018年4月 2018年5月 2018年6月 2018年7月 2018年8月 2018年9月 2018年10月
エリア1評価 20 17 12 15 19 19 22 25 28 30
エリア2評価 30 30 30 25 22 24 21 19 23 24
エリア3評価 40 38 35 34 31 28 31 31 34 29
売上高 12,000 11,828 11,981 11,912 11,805 12,027 12,276 12,409 12,350 12,397

 

スポンサードサーチ

2.操作方法

EXCELに表データを準備してください。

 

次にグラフデータの表全体を選択状態にします

 

「挿入」リボンから複合グラフの挿入ボタンをクリックして、更に「集合縦棒・折れ線」をクリックします。

すると初期状態のグラフが表示されます。

 

グラフのプロットエリアで右クリックして、、

「グラフの種類の変更」を選択します。

 

グラフの種類の変更が表示されます。
赤い四角で囲った部分を変更していきます。

 

まず「エリア1評価」をクリックして「折れ線グラフ」に変更します

 

同様に「エリア2評価」「エリア3評価」も折れ線にします。
折れ線は第2軸にチェックします。
売上高は集合縦棒にします。

 

「OK」を押すと複合グラフが完成です。
グラフタイトルを変更して完成です。

 

いかがでしたでしょうか。

 

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてくれば簡単になってきます。

頭で考えるより数をこなしていくのが上達の早道です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村