スポンサーリンク

【groupdel】Linuxのグループを削除する方法

スポンサーリンク

Linuxのグループを削除するには「groupdel」コマンドを使用します。
この記事では「groupdel」コマンドについて説明します。

スポンサーリンク

1.グループの削除方法

上述のようにグループの削除には「groupdel」コマンドを使用します。
実行するにはルート権限が必要です。一般ユーザーから行う場合はsudoが許可されたユーザーでコマンドの前に「sudo」を付けて実行します。

groupdelコマンドの構文

groupdelコマンドの構文は以下となっています。

groupdel  グループ名

 

主なオプション

groupdelコマンドで指定できる主なオプション(一部)は以下となっています。

オプション 説明
-f 強制的にグループ名を削除します。

 

groupdelコマンドを使用する際の注意点

groupdelコマンドでグループを削除する際は削除対象のグループをプライマリグループに設定しているユーザーが居ないことを予め確認してください。

通常削除するグループが使用されているとgroupaddコマンドの実行はエラーになりますが-fオプションを付けると強制的に削除できてしまいます。この場合、グループ名が不明な扱いになってしまいます。

スポンサードサーチ

2.まとめ

この記事ではグループの削除コマンドである「groupdel」コマンドを説明しました。注意点に留意したうえでグループの削除にお役立てください。

ユーザー、グループを管理する他のコマンドは以下の記事をご覧ください。

【useradd】Linuxのユーザー登録を行う方法

【usermod】Linuxのユーザー登録情報を変更する方法

【userdel】Linuxのユーザーを削除する方法

【groupadd】Linuxのグループを作成する方法

【groupmod】Linuxのグループの属性を変更する方法

Linux

Posted by garnet