スポンサーリンク

【useradd】Linuxのユーザー登録を行う方法

スポンサーリンク

Linuxはインストール時に管理者であるrootユーザーが作成されます。
管理者であるrootユーザーはすべての権限を持つ強力なユーザーであり通常の利用には適していません。通常の利用には一般ユーザーを個別に登録する必要があります。
インストールの途中で一般ユーザーを作成するオプションもありますがこの記事ではLinuxサーバ構築後にユーザーを登録する方法について説明します。

スポンサーリンク

1.ユーザーを新たに追加登録する

ユーザーの登録には「useradd」コマンドを使用します。
実行するにはルート権限が必要です。一般ユーザーから行う場合はsudoが許可されたユーザーでコマンドの前に「sudo」を付けて実行します。

useraddコマンドの構文

useraddコマンドの構文は以下となっています。

useradd [オプション] ユーザー名

主なオプション

useraddコマンドで指定できる主なオプション(一部)は以下となっています。

オプション 説明
-g グループ名 ユーザーが属するグループを指定する
-G セカンダリグループ名 ユーザーが属するセカンダリグループを指定する

複数ある場合はカンマ区切りで指定する。

-d ホームディレクトリのパス ホームディレクトリを指定する。
-p パスワード パスワードを暗号化された文字列で指定する。
-m ユーザー作成と同時にホームディレクトリを作成する。

作成されるディレクトリは「/home/ユーザー名」

-s ログインシェル ログインシェルを指定する。

使用例

実行にあたってはsudoが許可された一般ユーザーで実行。グループは作成済みとします。

■ユーザー「tanaka」をホームディレクトリと一緒に作成する。

sudo useradd -m tanaka

■ユーザー「yamada」をグループ「develop」で作成する。

sudo useradd -m -g develop tanaka

■ユーザー「yamada」をグループ「develop」セカンダリグループを「www」で作成する。

sudo useradd -m -g develop -G www yamada

 

スポンサードサーチ

2.登録されたユーザーの情報を確認する

登録されたユーザーの情報を確認するには「id」コマンドを使用します。

idコマンドの構文

id ユーザー名

実行例

上記で登録したユーザー「satou」の情報を確認します。

id satou

 実行結果

uid=1005(satou) gid=1006(develop) groups=1006(develop),1005(www)

このようにuseraddで登録した情報が確認できます。

スポンサードサーチ

3.まとめ

この記事ではユーザーを登録する方法とユーザーの登録情報を確認する方法を説明しました、

パスワードの設定方法は以下の記事で説明しています。

ユーザー、グループを管理する他のコマンドは以下の記事をご覧ください。

【usermod】Linuxのユーザー登録情報を変更する方法

【userdel】Linuxのユーザーを削除する方法

【groupadd】Linuxのグループを作成する方法

【groupmod】Linuxのグループの属性を変更する方法

【groupdel】Linuxのグループを削除する方法

 

Linux

Posted by garnet