スポンサーリンク

0-3.MySQLの違うバージョンを共存インストールする方法。

2019年7月15日

スポンサーリンク

バージョン違いのMySQLを同じパソコンやサーバーにインストールする方法です。

裏技的な行為や面倒な設定無しで簡単ノーマルな手順で共存できます。

スポンサーリンク

1.導入経緯と共存パターン(バージョン5.6とバージョン8の共存)

今回、バージョン8がリリースされたためこれまで使っていたバージョン5.6と共存する方法です。

ちなみに現在の環境は「MySQL8.0.15」にバージョンアップしていまして、これに至る手順としては以下の通りで行いました。
1)バージョン5.6のデータをmysqldumpでバックアップ。
2)MySQL5.6をアンインストール
3)MySQL8.0.15をインストール
4)バックアップしていたデータをインポート
これで「MySQL5.6」から「MySQL8.0.15」へのバージョンアップが完了しています。

しかし、非互換の調査確認のため「MySQL5.6」を再び使用する必要があったので改めて「MySQL8.0.15」の環境に共存でインストールすることにしました。
と、いうわけで今回紹介するのは「MySQL8.0.15」稼働中の状態に「MySQL5.6」を追加インストールする手順です。

[affi id=2]

スポンサードサーチ

2.手順

1)ダウンロードページ

①公式ホームページ

MySQLの公式ホームページで「ダウンロード」をクリックします。

https://www.mysql.com/jp/

ダウンロードページ

②アーカイブをクリック

次にメニューで過去のバージョンが格納されている「archive」をクリックします。

アーカイブを選択

③インストーラーをクリック

次に「MySQL installer」をクリックします。

インスト―ラを選択

④バージョンの選択

現在インストールされている「8.0.15」と共存させてインストールしたいバージョンを選択します。

ここでは「5.6.19」を選択して下さい。

バージョン5.6。19を選択

⑤ダウンロードモジュールの選択

下段の必要なファイルがパッケージされている方を選択します。(お好みです。上段はダウンロードしつつインストールになります。)

インスト―ラ選択

⑥ダウンロード完了

しばらくするとダウンロードが完了します。

ダウンロード完了

⑦インストーラーの起動

ダウンロードしたファイルをクリックしてインストーラーを起動します。

インストール開始

⑧インストールタイプの選択

既にMySQLがインストール済みなので、自動的に判断されてどのようにインストールするか聞いてきます。

既存のバージョンに追加したいので中断のadd(追加インストール)を選択します。

追加インストール選択

⑨ライセンス許諾

ライセンス条項が表示されますので、確認して「同意」にチェックして

「NEXT」をクリックします。

許諾了承

⑩インストール対象の選択

今回はサーバーのみを選択します。(ツール類は既に導入ずみなので。)

インストール対象としてサーバー選択

⑪追加必要モジュールのチェック

必要モジュールのチェックです。何も必要なかったようで次に進みます。

確認

⑫インストール実行

「Execute」をクリックしてインストールを実行します。

確認

⑬インストール完了

インストールが完了しました。「NEXT」をクリックして次に進みます。

インストール完了

⑭環境設定実行の確認

環境設定を行います。「NEXT」をクリックします。

⑮環境設定

環境種類やポートの設定を行います。表示されている状態で問題ありませんので「NEXT」をクリックして進みます。

パラメータの確認

⑯ユーザーアカウント設定

rootユーザーのパスワード設定と一般ユーザーの設定を行い「NEXT」をクリックします。

 

パスワード設定

⑰MySQLのサービス起動設定

インストールしたMySQLのサービス起動設定を行います。そのままでいいので「NEXT」をクリックします。

サービス確認

⑱環境設定完了

環境の設定は完了です。「NEXT」をクリックします。

⑲インストール完了

これでインストールは完了です。「Finish」をクリックします。

インストール完了

⑳サービスの確認

サービスを確認すると、「バージョン8.0」とバージョン「バージョン5.6」の両方のサービスが起動しているのが確認できます。

サービス起動の確認

㉑コマンドラインツールでMySQLにログインして動作確認

「スタート」→「MySQL」→「MySQL 5.6 Command Line Client」でMySQLモニターにログインしてみます。

MySQL5.6のコマンドラインツール起動

㉒ログインの確認

「バージョン8.0」とバージョン「バージョン5.6」の両方にログインできることが確認できました。

バージョン8と5.6の共存確認

 

以上です。お疲れ様でした。

[affi id=2]

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村