スポンサーリンク

3-6.MySQLでテーブルに列の位置を指定して追加する方法

2019年7月15日

スポンサーリンク

テーブルを作成したあとで列を追加する方法をご紹介します。

テーブルを消して再定義などする必要はありません。

スポンサーリンク

1.列の追加方法(最後尾、先頭「FIRST」、指定列の後ろ「AFTER」)

既にテーブルを定義したあとで列を追加したい場合は
追加したい列の位置に応じて以下の構文で行うことが出来ます。

・列を最後尾に追加する場合
ALTER TABLE [テーブル名] ADD [列名] [属性];

・列を先頭に追加する
ALTER TABLE [テーブル名] ADD [列名][属性] FIRST;

・列を指定した「列名A」の後ろに追加する
ALTER TABLE [テーブル名] ADD [列名][属性] AFTER 列名A;

スポンサードサーチ

2.実行例

列を追加したいテーブル「TABLE02」があるとします。

 

1)列「NEWCOLUMN CHAR(10)」を最後尾に追加します。

ALTER TABLE TABLE02 add NEWCOLUMN CHAR(10);

2)列「NEWCOLUMN CHAR(10)」を先頭に追加します。

ALTER TABLE TABLE02 add NEWCOLUMN CHAR(10) FIRST;

3)列「NEWCOLUMN CHAR(10)」を列「column02 」の後に追加します。

ALTER TABLE TABLE02 add NEWCOLUMN CHAR(10) AFTER column02;

この方法で自由に好きな位置に列を追加できます。

既存のデータには影響なしです。

追加された列にはDefault指定が無ければNullが設定されます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村