学習用にSQLServerにAdventureWorksサンプルデータベースを入れてみる

マイクロソフト社がSQLServer用にサンプルデータベースを用意してくれています。

自分でデータを用意するまでもなくしっかりとしたデータが格納されているので学習にはとても便利です。

1.サンプルデータベース「AdventureWorks」を入手する

マイクロソフト社のサイトにアクセスしてください。

AdventureWorks サンプル データベース

https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/samples/adventureworks-install-configure?view=sql-server-ver15&tabs=ssms

少し下にスクロールしたところにダウンロードリンクがあります。

OLTPの箇所にある自分のSQLServerのバージョンに合ったリンクをクリックしてください。

少しするとダウンロードが完了します。

 

スポンサードサーチ

2.SQLServerに「AdventureWorks」さんプレデータベースをインポートする手順

1)SSMS(SQLServerManagementStudio)を起動

SSMSを起動してください。

 

2)オブジェクトエクスプローラーの「データベースを右クリックして「データベースの復元」

をクリックします。

 

3)データベースの復元ダイアログが表示されますので①デバイスをクリックして②「…」をクリックします。

4)「追加」をクリックします

 

 

5)バックアップファイル(復元対象ファイル)を指定します。

先ほどマイクロソフトのサイトからダウンロードした「AdventureWorks」のファイルを指定します。

 

6)「OK」をクリックします

7)「OK」をクリックすると復元が開始されます。

 

8)しばらくすると完了します。

 

9)SSMSの画面に戻り、「AdventureWorks」のサンプルデータベースがインポートされました。