スポンサーリンク

7-2.MySQLでデータの格納場所を変える

2019年7月15日

スポンサーリンク

例として現在の格納ディレクトリを「C:\ProgramData\MySQL\MySQL Server 5.6\Data」
移設先のディレクトリを「E:\MySQLData」とする

スポンサーリンク

1.準備

1)フォルダ準備

新しいデータの格納用ディレクトリを作成する
「E:\MySQLData」を作成

2)新しく作成したディレクトリにアクセス権を追加する。

「E:\MySQLData」を右クリックして「プロパティ」をクリック
「セキュリティ」タブをクリック
「編集」をクリック
「追加」をクリック
「詳細設定」をクリック
「検索」をクリック
「検索結果」の中から「NETWORK SERVICE」とAdministratorユーザーをCtlキーを押したままクリック
「OK」をクリック
追加したユーザーを選択して「フルコントロール」にチェックする
「OK」をクリック

スポンサードサーチ

2.サービスの停止

MySQLのサービスを停止する

スポンサードサーチ

3.データコピー

既存のデータディレクトリのデータを新しい格納ディレクトリにコピーする
「C:\ProgramData\MySQL\MySQL Server 5.6\Data」配下の全てのファイルとディレクトリを
「E:\MySQLData」にコピー

4.設定ファイルの書き換え

「my.ini」を編集
「C:\ProgramData\MySQL\MySQL Server 5.6」にある「my.ini」をテキストエディタで開く
「datadir=C:\ProgramData\MySQL\MySQL Server 5.6\Data」の行を
「datadir=E:\MySQLData」に書き換える

5.サービスの起動

MySQLのサービスを起動する

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村