スポンサーリンク

【Google】通貨のレート換算もGoogleなら簡単。通貨同士や仮想通貨だって一発計算。

スポンサーリンク

時々刻々と変動する通貨レート。

今いくらだっけ?と毎日チェックするのは関連した業界にいなければ大変ですね。

テレビ番組で外貨建てでの価格表示されても「日本円だといくらだっけ?」

いちいち計算するのも大変で分かり難かったりしますね。

こんなときもGoogle検索が助けてくれますよ。

では見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.通貨レートを知りたい

1)ドル円レート

1ドルが日本円で今いくらなのかを知りたい場合は検索ボックスに「ドル 円」と入力して検索します。

すると下記にように1ドルが日本円でいくらなのか教えてくれます。

レートはほぼ現在のレートになっているようです。時々刻々と変化していきます。

2)円ドルレート

通貨の順を入れ替えれば、逆に日本円(1円)が何ドルなのかも分かります。

1円は0.0090ドルなのが分かります。

 

スポンサードサーチ

2.外貨の金額を計算してくれる。

1)外貨建て金額の円換算

ニュースや海外の旅番組などで現地での価格を外貨建てで表示された場合、日本円でいくらなの?と換算したい場合は、「外貨金額 円」で入力して検索します。

例えば「15ドル」が日本円でいくらか知りたい場合は「15ドル 円」と入力して検索します。

すると、下記のように換算結果が約1、673円と分かりました。

2)外貨から外貨への換算もできる

円の部分を外貨名にすることで、外貨から外貨への換算も可能です。

米ドルからユーロに換算する例を見てみましょう。
248ドルがユーロではいくらなのか換算してみましょう。

「248ドル ユーロ」と入力して検索してみます。

すると、このように約229ユーロであることが分かります。

 

スポンサードサーチ

3.仮想通貨でも同様に計算可能です。

今や一部で決済にも使われるようになった仮想通貨ですが、こちらも外貨と同様に計算することができます。

1)ビットコインとの換算

1ビットコインがいくらなのか換算してみます。

すると、およそ108万円だとわかります。

2)ビットコイン以外の仮想通貨

仮想通貨にも対応するとは流石Googleです。

但し、本記事執筆時点での仮想通貨は「ビットコイン」だけのようです。

「イーサリアム」や「リップル」といった他の仮想通貨には対応していません、

4.まとめ

Google検索による通貨の計算はいろんな組み合わせが可能です。

仮想通貨でも可能ですので幅広く利用することが出来ます。

レートを固定しての計算には向いていませんが目安としては十分使えますので、どうぞ活用見てみてください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村